棚卸代行サービスとは

棚卸代行サービスの概要

実地棚卸とは、お店にある商品を実際に数えて店舗内の実際の在庫を確認する作業のことです。 帳簿上の在庫と実在庫は、盗難や帳簿転記ミスなどの事情で異なる場合が多く、定期的に実地棚卸をする必要があります。

この棚卸代行サービスというシステムはアメリカで生まれ、今やアメリカのみならず日本をはじめ、諸外国でも棚卸代行サービスを利用されることが多くなってきました。コンビニ・スーパーマーケット・ホームセンターetc...今では当たり前の業種でも、かつて日本では考えられなかった存在です。

棚卸代行サービスも同様に今では広く認められ、一般的なものとなっています。その便利さをぜひアーバン ミラーで知って下さい。

金額棚卸

商品の売価と数量を端末機に入力し、集計していきます。売価ベースの在庫金額・数量の報告書をお渡しします。
この報告書総在庫、部門別在庫、場所別在庫が記載されています。は決算時の書類として利用できます。
継続的に行うことにより、在庫の推移も読み取ることができます。

単品棚卸

主にバーコードJAN、書籍コード、インストアコード、NW7、ITFなど様々なバーコードでの対応が可能です。をスキャンして集計していきます。
売価ベースの在庫金額・数量の報告書総在庫、部門別在庫、場所別在庫が記載されています。に加えて、商品毎のデータをご希望の形式csv、txtなど様々な形式で、CD-R、フロッピー、メールなどの方法でお渡しします。でお渡しします。
その結果、自動発注システムへの応用や滞留在庫の把握などにも利用できます。
また、原価ベースでの集計も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様は小売業はもちろんのこと倉庫(倉庫棚卸ページへ)やありとあらゆる業種にご対応

 

なぜ棚卸代行が必要なのか?

棚卸代行サービスの必要性

毎日商品は出たり入ったりする頻度が非常に高いので帳簿を変更する頻度が高くなります。その結果、ミスが多くなり帳簿在庫と実在庫の差がどんどん開いていきます。正確な実在庫を知るためにも、アーバン ミラーが経験を重ねて作り上げてきたシステムによる高い精度の実地棚卸を推薦いたします。
この実地棚卸を御社に代わりアーバン ミラーがお引き受けします。

アーバン ミラーのサービス事業の三本柱

ご利用の方全てに、「使ってよかった」とうなずいていただけるサービスを、常に追求し実行しています。

より正確に

作業の基本は、カウント重複や漏れを防ぐため、人とコンピュータのWチェックシステム。また、商品分類と、店舗内エリアそれぞれに集計した見やすい報告書を納品します。

より早く

即日集計いたします。専門スタッフの迅速な作業で、カウント終了から最終報告書の提出までは、じつに20~30分。その場ですぐに結果が見られる上、短時間で在庫高の把握ができます。

より合理的に

業界の中でも、アーバン ミラーはうれしい低価格。徹底的に作業の合理化を図った結果、実現したコストダウンです。作業は24時間体制など、サービスの充実ぶりにも、ご注目ください。

アーバン ミラーの強み

  • 当時棚卸外注の先端を行く米国バイセリアインべントリーサービス会社と提携し、アメリカよりシステムを導入したのが始まりです。その後、日本の商習慣に合わせた独自のシステムを開発し、よりよい棚卸代行サービスの提供のために日々改良を重ねてまいりました。
  • アーバン ミラーは、当業界において実績のあるプロフェッショナルのみが加盟するノースアメリカ棚卸協会の一員です。
  • アーバン ミラーは、お客様のよりよきパートナーとして、棚卸に関するサービスを幅広くご提供します。
  • あらゆる業種・規模の大小を問わず、柔軟にサポートいたします。
  • 閉店後の夜間の棚卸や営業中の棚卸など、あらゆる形態に対応します。
  • 営業中棚卸の場合は、作業時間中の売上分の調整も行うことができます。
  • お客様ご指定のエリア分け・部門分けで、細部まで把握できます。
  • 棚卸結果は書面による報告書のほか、各種メディアで明細をお渡しすることができます。
  • 単品棚卸の場合は御社のニーズに合った媒体・ファイルフォーマットでデータをお作りして、お客様のシステムと直結させますので余計な手間を取らせません。また、JANコード以外でもNW-7やCODE-39など、様々なバーコードにて棚卸を行うことも可能です。
  • 棚卸代行サービスのアーバン ミラーは常に進化し続け、更なるよりよいサービスを提供いたします。